Google

2010年02月15日

盗難

あああああああああ

このブログでも登場している、自転車アンカーCA800が盗難にあいました・・・

とりあえず盗難届けを出して数ヶ月経ちますが、音沙汰なしです。。。

posted by なかなか at 00:04| Comment(16) | TrackBack(0) | クロスバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

武蔵野線&西武新宿線にHB積み込み

0705近藤勇座像
車検のため、調布のディーラーへ車を持っていかねばなりません。
といっても親名義の車なので、杉並の実家に車を取りに行って、その後調布、そして府中に帰宅するという三角ルート。

極小径折りたたみ自転車のHB8を武蔵野線に積み、新小平へ。
車で青梅街道通る事はよくありますが、電車で新小平駅で降りるのは初めてです。
いつもは車で通り過ぎる道を、西武線小平駅に向かって自転車で2kmちょっとの距離を走ります。

小平駅でまた折りたたんで西武新宿線に積み込み、実家のある井荻駅へ。
井荻駅前で、なぜか10数人いたインド系女性に見られつつHB8を展開。5百メートルほど漕いで今度は車に積み込み。

車で調布のディーラーに着いて、手続きを済ませた後、自転車を展開して府中まで約4km走ります。

普段通らない裏道を通り、途中近藤勇坐像(西調布駅近くの西光寺)など様々な発見をします。
お墓や生家は知っていますが、座像は初めて。自転車でなければ知りえなかったでしょう。
やっぱり自転車ポタリングはいいなぁ〜と再認識しました。

推定総走行距離7kmほどですが、なにせ自転車が8インチのHB8。結構な時間がかかったと思われますが、未だにメーター付けてないので、正確には不明です^^;
posted by なかなか at 23:18| Comment(39) | TrackBack(6) | ハンディバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

自転車屋@新宿三丁目

0704駐輪場
新宿3丁目へ。
以前通っていた新宿の大きな自転車屋が三丁目に引っ越したので、場所の確認です。

なんとなくしか場所を覚えていなかったので、携帯で場所を調べるとお店はビルの地下。

入ると、いきなり吊下げ式の駐輪場がお出迎え(写真)です。
店内は相変わらず広く、自転車本体や各種パーツも豊富。
今のクロスバイクのセンタースタンドが、見栄え重視で選んだもののイマイチ使いづらく、新たにスタンドを購入。また小型のペダルレンチもあわせて購入しました。

雨が強くなってきたので、最寄り駅の駅ビルで畳んだ時の厚さわずか2cmという極小折りたたみ傘(1050円)を購入。
100円傘は数回の使用でダメになってしまうので、結局コストパフォーマンスに優れないとの判断です。
posted by なかなか at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クロスバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

武蔵国ポタリング

0702武蔵野公園くじら山0702武蔵野公園梅
免許更新のはがきが届き、さっそく府中運転免許試験場へ更新しに行ってきました。

午後からだと込むので、朝イチに自転車で向かいましたが、出発前にレンタルDVDを返しに寄ったり、終わった後に試験場周りをポタリングしようと地図を見ていたら、到着はすでに9:20。

手続きはいつも通り、
1.用紙をもらって記入し→2.印紙(4250円)を買って貼り付け
なのですが、ここで用紙に見慣れぬ1枚が。
「暗証番号」を記入する用紙のようなのですが、免許証がIC化されたことを知っていたので、心の中で(キター!)

続いて、
3.視力検査に並び→4.書類手続き→5.暗証番号入力→6.写真撮影→7.講習会場へ
となりましたが、4と5は逆だったかも知れません^^;

それにしても、5の暗証番号入力用のマシーン、すさまじい数が置いてありましたが、金かけてんなぁ・・・と感嘆。
ICはおそらくソニーのフェリカでしょうが、(ソニー株上がらないかな・・・)と株保有ながらもなかなか上がらないのにヤキモキさせる私に、免許と無関係なことを考えさせます。

ほとんど並ばなかったので、写真撮影は9:40には終わってましたが、講習開始が10:10なので、30分ほど待つハメに。
ヒマなのでブラブラ廊下を歩いていると、臓器ドナー意思表示カードが置いてあったので、まだ書いてなったのを思い出し、記入。

講習の時間は、
優良ドライバー:30分、一般:1時間、違反者:2時間
という差別^^;化されているのですが、私はもちろん2時間コース。「自転車は歩道じゃなくて車道を走るんだよ」という話に、チャリンカーと思われるオジさんが苦情を呈したりしましたが、講師のオバさんの軽妙なトークを聞きながら、寝ずに講習を終了しました。

外に出て、新しい免許を受け取りましたが、これが厚い!
噂には聞いてましたが、たしかに厚いです。最後にマシーンで暗証番号を入力し、本籍を確認します。
新しい免許証は、本籍欄が空欄になっていて、暗証番号がないと、見れないようになっています。

いつものように献血車が来ていて、久しぶりに献血しようかと思いましたが、食事していないので蹴られると思い、回避。

試験場近くにある武蔵野公園や野川公園をポタリング。
私がチビッコのころ合宿した「くじら山」で感慨にふけったり野川の湧水をみたりしていると、急に国分寺に行きたくなりました。
0702武蔵野川湧水
近藤勇の生家と墓地へ。ここは以前は観光らしいものは何もなかったのに、NHKの大河ドラマの影響で、今やのぼりなどができています。とりあえず昼食を食べ、国分寺へ。
0702武蔵近藤勇0702武蔵近藤勇生家

「国分寺」という地名(駅名)の元となった寺は、歴史で習ったように、聖武天皇が741年に全国の国府のそばに建てさせたものですが、現在も立派にお参りできます(現在のは13世紀に焼失後再建されたもの?)。
武蔵国の国分寺は、すぐ横に日本名水百選の一つ、「真姿の池湧水群」があります。
実は生まれ育った地元なのですが、今まで一度も行ったことが無く、この機会に行こうというわけです。
遠い名水百選は、それなりに行ってきたのですが、灯台下暗し。一番身近な所はなぜか行ったことがありません。
国分寺跡は恐ろしいほど地元民に溶け込んでいて、皆キャッチボールやら犬の散歩をしています。本殿の上で糞でもされたらかなわんな・・・と思いながらも、世界遺産のアンコールワット遺跡を思い出しました。あそこも超地元密着型遺跡でした。

多摩住民にはお馴染みの「お鷹の道」を通って湧き水のもとへ行き、池の鯉をしばし眺め、ペットボトルに水を詰め込むオヤジを観察。東京の有名な崖線「はけ」を見ながら武蔵野の自然に想いを馳せます。
0702武蔵真姿の池湧水群0702武蔵国分寺湧水0702武蔵ホタルの住む川

案内図を見るとなんと「国分尼寺跡」が近所にあるというので行ってみることにしました。
たどり着いてみると、そこはたまに行く黒鐘公園。
そういえば、何か遺跡らしいものがありましたが、ここが「国分尼寺」でしたか・・・
0702武蔵国分寺0702武蔵国分尼寺

府中市北部をフラフラしただけですが、メーターは24km走っていました。
ちょっと天気が悪かったですが、充実した免許更新でした。
posted by なかなか at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | クロスバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

電車で輪行to上野・秋葉原

0701秋葉原駅構内0701秋葉原駅前
用事があって上野に行きましたが、ついでに秋葉原をブラブラポタろうと、ハンディバイクをお供に連れて行きました。

輪行は
(京王線)→新宿→(中央線)→御茶ノ水→(総武線)秋葉原
で、走行は
秋葉原→上野→秋葉原(岩本町)
の5kmほど。

満員電車での輪行は初めてでしたが、縦になるので意外と回りに迷惑もかけず、いい感じでした。
普段歩きでしかない場所を自転車で走り抜けるのは快感!
posted by なかなか at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンディバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

多摩川行

近所の多摩川河川敷でポタリングしてきました。
道は整備されていないので、自転車のタイヤもどろどろ。
フェンダーが無かったら入り込めない世界でした。
0701多摩川南武線下0701多摩川32km地点
多摩川の海から31km地点から32km地点前後約2kmを行ったり来たり。
海側は整備されているので何度か走ったことはあるのですが、未舗装路側は初めて。
ある意味探検ですw

南武線と武蔵野線(貨物線?)の分かれ目を越すと、そこは人のいない世界。
28Cのクロスバイクもギリギリで、できればMTBで走りたいレベルです。
0701多摩川対岸に府中0701多摩川から多摩市
川の対岸に府中市市街、奥に多摩市聖蹟桜ヶ丘?の市街が遠目に見えます。
帰りはテレビCMによく使われる、競馬場正門駅の前を通りました。
「開かずの踏み切り」ならぬ「開きっぱなしの踏切り」ですw
0701多摩川競馬場駅
posted by なかなか at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クロスバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

東京湾岸公園群01

午前中は調子の悪い心臓の診察で、近所のS病院へ行ってきました。
担当の女医さん曰く、一応薬で対応してみて、ダメなら心臓手術も考える、とのこと。
手術といってもカテーテルで伝導路を切断する程度のもの。
また年明けに検査です。野球はまだ無理かなぁ・・・

今日は病院を予定に入れてあったので、仕事は夕方から。
時間があるので寄り道して、東京湾岸エリアにある公園めぐりをしてきました。相棒は超小径折り畳み自転車のハンディバイク8君とデジカメXACTI-CG6です。

いやーそれにしてもいいお天気。低気圧の過ぎた後は、ほぼ確実に天気が期待できますが、今日も多分にもれず、ポタリング日和。

まずは都心の公園にもかかわらず、駐車料金がかからない某公園の駐車場へ車を止めます。
自転車を組み立て、周遊開始です。
0612京浜島003.JPG0612京浜島002.JPG

いつも城南島から始めるので、今日は数回しか行ったことない京浜島をくまなく巡ることにしました。

うーん・・・いい天気・・・んん!?富士山!

今日は羽田空港ほど近い、ほとんど人のいないこの小さな公園からも、富士山は真っ白になったその頂をはっきりと姿を見せてくれます。

太平洋を感じ、富士山に見守られながら、小さなタイヤを漕ぎ出します。
このあたりは埋め立てた人工の島々が沢山あるわけですが、さっそくその連結橋を渡らねばなりません。
結構な角度で、自転車で登りきれるか心配でしたが、そこは超小径車。まるで歩くように登りきれます。
が、逆に下りはナチュラルなブレーキが利いていて、あまりスピードが出ません。

橋を越え、京浜島緑道を自転車で走ろうとします・・・
しかし昨日の暴風雨の爪あとが残っており、地面は泥んこ。
ここでは小さなタイヤではちょっときつく、ところどころ手押しで進みます。
人がいないせいか、ここらは野良猫の天国。あちこちに見かけます。
0612京浜島004.JPG0612京浜島006.JPG0612京浜島008.JPG

青い空や可憐な草花、怪訝な顔で見つめる猫達、空を駆ける飛行機を眺めながら、緑道から京浜島つばさ公園を経て、京浜島約3kmを一周。
0612京浜島011.JPG0612京浜島012.JPG0612京浜島015.JPG0612京浜島013.JPG
タイヤだけでなくフレームも泥んこ。京浜島の最後(東端)は道無し。
0612京浜島016.JPG0612京浜島018.JPG
0612京浜島019.JPG0612京浜島020.JPG
続いて橋を渡り、昭和島へ。先ほど渡った橋が見えます。
そういえば、昭和島を車じゃなく、歩くのは初めてです。
0612京浜島022.JPG0612京浜島023.JPG0612京浜島024.JPG
0612京浜島025.JPG0612京浜島026.JPG

昭和島北緑道公園でだだっ広い空間でポツンと一人テニスの練習をしている少年を横目に、モノレール昭和島駅を通過します。ここには謎の路上標識が。「歩行者 車椅子専用」と書いてあるのに、ばっちり柵が設けてあります。どうやって車椅子が入るんだ!?車椅子の人間のことに対して、あまり関心が無いとしかとれない日本の行政にうんざりです。ま、今に始まったことではありませんが。
0612京浜島028.JPG0612京浜島029.JPG0612京浜島030.JPG

昭和島運動場では、欧米人の青年男性7〜8人のママチャリ軍団とすれ違い。振り返ると、道端のオヤジに写真を撮ってもらってました。もっといいところで撮ったらどうかね。。。と思いますが、価値観の違いということにしておきます。

最後にまた橋を渡って平和島に。
橋の途中、中〜高校生くらいのラケットらしきものを背負った少年に、テニスコートを聞かれました。
といっても近所には「平和の森公園」のテニス場くらいしかないので、そこへの道を教えてあげると、彼は猛ダッシュで走り去っていきました。会ったとき既に汗かいていたので、おそらく散々探し回ったのでしょう。彼が無事に仲間?の元へたどり着ければ良いのですが。

そうこうしているうちに時間もせまってきたので、車を止めた駐車場に戻ることにしました。
私はほとんど来た道を戻ることはしないタイプなので、今度は別の京浜運河を渡ることにしました。

ところがこの中之島橋というのが巨大な橋で、自転車で越えるのはなかなか大変。一度ルートを間違い、アタックしなおしました。あたりはさすがに湾岸らしく、倉庫が多いです。
0612京浜島033.JPG0612京浜島034.JPG
0612京浜島035.JPG0612京浜島036.JPG

総行程10kmをゆっくりまわって車にもどり、自転車を収納して勤務先に向かいます。
途中第一京浜を通り、品川、田町・汐留、銀座、日本橋(写真はここまで)といった大きな街を経由し、御茶ノ水、水道橋、新宿の賑わいを眺め、中野坂上につく頃には、夕日を背景に街のシルエットが浮かびます。
職場へ到着し、本日の半日休はおしまい。楽しかった!
0612京浜島037.JPG0612京浜島038.JPG0612京浜島039.JPG0612京浜島040.JPG
0612京浜島041.JPG0612京浜島042.jpg
posted by なかなか at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンディバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

自転車で公園

娘二人とパパの自転車と、3台で近所の公園へ行ってきました。
買ってもらったばかりの下の子(1)も、大好きな自分の自転車に乗っておお張り切りです。

公園についても上の子(5)はまだまだ走りたい様子でしたが、下のはもう限界。さすがに疲れたのか飽きたのか、「もう漕げない!」とばかりに泣きわめきます。

でも、最初の頃ハンドルがぐらぐらしていたのに比べると、ずいぶん上手になってきて、親がサポートする回数も減ってきています。

帰りは上の子は自転車の練習でそのまま乗って帰りましたが、下はもうママにおんぶ。
パパが引っ張って帰りましたとさ^^
posted by なかなか at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | こども自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ハンディバイク8 シートポジション

06handyset000.jpg
ハンディバイクは8インチと超小径車なので、ハンドル前に大きなスペースがあります。
普通の自転車ではタイヤにあたってしまうのですが、写真のようにコンビニ袋などを直接前にぶら下げることができます。

06handyset001.jpg06handyset002.jpg
ところで、ハンドルとサドルまでの距離が短いので、ハンドルを握る手とペダルを漕ぐ膝とがぶつかってしまうことがあります。
ペダルを高く上げた状態では、多少のスペースがありますが、ハンドルとペダルを同じ高さに揃えると、完全にスペースがありません。
本当はこの状態が乗りやすいのですが、手と膝がぶつかってしまうので、違う高さにするしかありません。
06handyset003.jpg06handyset004.jpg
posted by なかなか at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンディバイク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

幼児自転車2台目

自転車のネット販売でも大手の「アサヒ」の実店舗(近所に新規オープン)へ行ってきました。

娘(1歳7ヶ月)のクリスマスプレゼント購入なのですが、サービス?で「パンク防止になりますよ!」とウレタン加工されました。

長女(5歳)の3歳の誕生日にも、アサヒ店舗で子供用自転車を購入したのですが、その時もウレタン加工。
その時は「どうしますか?」と聞かれた任意だったのですが、いつの間にか?サービスになった模様。

で、上の子の使用した感想というと、まず、空気入れは必要です。最初の頃はそうでもなかったかもしれませんが、だんだん普通に空気が抜けて来ますので、定期的な空気入れが必要です。理由はわかりませんが、ウレタンの劣化によるものと考えています。

走行感は、子供用にワタシ(83kg^^;)が乗ってみた感想で、注入前との比較ではありませんが、やはりペダリングは重いと思います。非力な幼児では、もっと重く感じることでしょう。

空気抜けとあわせて、少なくとも子供用自転車にウレタン加工は合わない、と思います。

06幼児自転車2台目

ただ本人は。ずっと欲しかった自転車を手に入れて、ものすごいご機嫌でした。

posted by なかなか at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | こども自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。